杉山工業の金属加工技術

「深絞り、難形状加工」まだ存在していない製品を

1932年(昭和7年)の創業から90年以上となり、数え切れない製品を市場に送り出してきました。

その長い歴史の中で培ってきた加工技術を活かすとともに、新しい技術も導入しながら、より良い製品創りを行っています。

一体深絞り加工

大きいサイズの一例として、縦50cm×横50cm×高さの角型コンテナや外径65㎝×高さ65cmの丸型コンテナを一体絞りで成形しています。
最大直径750㎜ⅹ深さ750㎜までの深絞りが可能です。
(左)角型キッチンポット SH-4250D 500x500xH500mm
(中)参考 角型キッチンポット SH-4209 90x90xH90mm
(右)丸型キッチンポット SH-4665 φ650xH650mm

深絞り加工の例
(左)角ベインマリーポット SH-3040 165X165X235H
(中)マリーポット #2 SH-1002 144φx172H
(右)テーパー容器 SH-6704 F197φxT138φxH215

大型製品のプレス加工

最大1500tの大型プレス機により、大型製品のプレス加工が行えます。
上記写真は、油圧プレスのライン(1500t・1000t・600t・500t・300t・250t)。

大型プレス絞り加工品(750φⅹ595)の研磨工程

異形絞りプレス

複数のプレス工程により、単純な形状だけではなく、凹凸のある形状の製品もプレスにより加工できます。

チタンの絞り加工

(試作)チタン製丸型容器 570㎜ⅹ450㎜ 3.95㎏
(右比較参考)ステンレス製テーパー容器 SH-6704 F197φxT138φxH215

薬品等への耐性が、ステンレスよりも強いチタンの絞り加工も行っており、杉山工業のチタン製品は食品関連以外の環境でも使われています。